株式会社ホームステージ|不動産売買|仲介|管理|土地活用|愛知県刈谷市

 

スタッフ紹介・ブログ

   
わたしたちがお客様のパートナーです。
当社スタッフは明るく元気な応対と軽快なフットワークが自慢です。
不動産についてのご要望は、当社スタッフまでお気軽にご相談、お問い合わせください。
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
スタッフ
■氏名  原田 昇
 
  
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
建築工程 その2
  
  住宅がどのようにできていくか その2。
 
 上棟編
 
  分譲住宅の多くは木造軸組工法ですので、在来工法について説明します。
 
 在来工法とは、基礎の上に柱・梁を組合わせていく工法(大変おおまかですが・・・)
 です。<添付写真>
 
 構造材<柱や梁>は集成材が用いられます。*詳しくは構造用集成材の説明をご覧ください。
 さて、柱や梁はプレカットといってあらかじめ工場ですべて設計図面の寸法通りカットして、
現場に運び込まれます。すべてコンピューターにより管理されていますのでミスなく、きざみ
も画一なので狂いがないのがメリットです。(大工さんの腕が発揮できないのは残念ですが・・・)
 
 構造材が運び込まれたら上棟です。
作業はクレーンを持ち込み1日で屋根伏せ(ルーフィング設置)まで行います。柱や梁は金物で結束補強されます。分譲住宅ですと確認する機会は少ないですが、興味ある分譲地ならばこの段階で見学することも考えてみましょう。たとえは通柱には基礎や土台と結束するホールダウン金物が使用されます。自分の目でみれば安心できますよね。そしてわからないことがあれば係員に質問しましょう。
 
 
 
  
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
建築工程 その1
  
  住宅がどのようにできていくかおおまかに説明しましょう。
 
 地盤編
 
 ①地盤調査
   地盤が強いこと。建築においては重大な要件の一つです。
  当然ですが、建築の際には調査が必要です。調査方法はいろいろありますが
    ①ボーリング調査
    ②スウェーデン式サウンディング方式
    ③表面波探査法           
  などを行います。住宅建築の際には②③が多いように思います。それぞれ調査の特徴が
  ありますがここでは割愛します。
                 ↓
               調査の結果
                 ↓
 
  ②地盤改良
    地盤が弱いとの判断がされたら地盤改良が必要です。土地の形状や面積、支持力によって
      ①表面改良
      ②柱状改良
      ③鋼管杭打設法
    などがあります。
     分譲住宅を購入される際は必ず、地盤の状況を確認し「地盤調査報告書」および
    「地盤改良報告書」を見せてもらいましょう。
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
刈谷市築地町分譲住宅販売開始
  
  刈谷市築地町分譲住宅もあと1棟。
 (詳しくはHPの「新築住宅」をご覧下さい。)木造住宅について。
 
 木造住宅といっても多くの工法がありますが大まかに2つに分類できます。
   ・木造軸組工法(在来工法)
   ・壁式枠組工法(2×4・2×6工法)
 今回は木造軸組工法のについて説明です。
 木造軸組工法とは基礎に柱・梁を組んでいく昔ながらの工法で在来工法
 とも言われています。
 住宅販売をしていると質問を受けるのが
 「どんな木を使っているか」というものです。
 確かに完成した住宅ではどのような材料が使われているかわからないですよね。
 現在、分譲住宅において一般的に使用されているのが構造用集成材です。
 集成材は板材(主に杉・松)を5枚〜10枚程度接着して一本の柱・梁としています。
 集成材を使うメリットは
  ・無垢材よりも強度のばらつきを小さくすることができる。
  ・一律に乾燥されており変形・割れ・狂いが少ない。
  ・接着剤に防腐剤を混ぜることによって防蟻・防腐効果が向上する。
  ・同強度の無垢材と比べても安価
 などが挙げられます。
  しかし、接着は剥がれないか、健康は害しないかなど疑問も出てきます。
 そのため集成材には一定の基準があります。それが日本農林規格(JAS)です。
 この基準をクリアーしたものが使用されています。
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
土地の価格とは
「一物四価」ご存知ですか。
この言葉のとおり土地には4通りの価格が付くのです。
1.公示価格 2.路線価 3.固定資産税評価額 4.取引価格 この他に基準価格というのもあります。
 
当然みなさんの興味があるのは取引価格ですよね。
では、どうやって土地の価格をつけているのか・・・・・不思議に思ったことはありませんか。
 「周辺の土地がいくらで売れたか」これに
 ・道路の方向 ・地型 ・現況 ・環境 等を考慮して価格を決めます。
当然見る人の主観で価格も変わります(笑)。
いいかげんだなぁと思われるかもしれませんが「取引事例比較法」という昔から用いられている不動産査定の方法です。
 
 よくある質問が「同じ町内で土地の坪単価が大きく違うのはなぜ?」というものです。
まず、日本国中まったく同じ条件の土地というものは存在しません。
 ・地型(いい家がたつ形の土地かどうか。道路に対しての間口はどうか)
 ・道路(東西南北どちらに道路があるか。南道路のほうが評価が高い)
 ・ライフライン(電気・ガス・水道の引き込みができるか)
 ・現況(田や畑より宅地のほうが評価が高い)
 ・環境(両隣・南側はどのようなたてものがあるか)
 これは査定基準のほんの一部。これらの差で隣合わせた土地でも坪単価で10万円以上変わることもあります。
 
周辺相場についてはお気軽に弊社にお問い合わせ下さい。
 
 
 
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
株式会社ホームステージ
〒448-0008
愛知県刈谷市今岡町日向75番地
TEL:0566-78-1721
FAX:0566-36-9454

-------------------------------
不動産の売買・仲介・管理
土地活用
-------------------------------
愛知県知事(2)第21568号
全国宅地建物取引業保証協会会員
005768
<<株式会社ホームステージ>> 〒448-0008 愛知県刈谷市今岡町日向75番地 TEL:0566-78-1721 FAX:0566-36-9454